忍者ブログ
風と星、あるいはアルコールという名の燃料 そして日々のネタ日記
[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3日目はグリンデルワルトから、鉄道で行けるヨーロッパ最高地点であるユングフラウヨッホまでの
往復です。

23IMG_3447.jpg







グリンデルワルト駅の風景。
インターラーケンからの列車です。こちらは急勾配の場所のみアプト式でした。
ここで標高は1067m



24IMG_3450.jpg







乗ったのはこちら。レールの間にラックが見えますが、こちらはラックレールが無いと
平地でも走れないようです。

クライネシャイデック(2061m)でユングフラウヨッホに登る鉄道に乗り換えます。

01IMG_3458.jpg







アイガー(3970m)の山腹を貫くトンネルの中を登りますが、途中アイガー北壁の中から
外を眺められる展望台と、氷河を間近に見られる駅の2つで途中停車します。
そして終点のユングフラウヨッホ(3454m)へ。

02IMG_3492.jpg







ユングフラウヨッホ鉄道のほとんどはトンネルです。
ユングフラウヨッホ駅も地面の中。

25IMG_3481.jpg







ユングフラウヨッホのスフィンクス展望台からの眺めです。
解像度落としたのでほとんど見えませんが、氷河の上を歩いている人が中央下の方に・・・

27IMG_3483.jpg











メンヒ(標高4099m)が目の前に。

22IMG_3445.jpg











グリンデルワルトの街中から眺めたアイガー。
日の当たっている面の右側が、有名なアイガー北壁です。


12DSCF0695.jpg








そしてグリンデルワルトの猫。
警戒する様子も無く、撫でてもマイペースに毛づくろいをしていました。

30IMG_3505.jpg











左はユングフラウヨッホで空にしてフタをしたペットボトルです。
グリンデルワルドのホテルで撮影しましたが、気圧差でここまで凹むのは驚きです。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
NHK blog時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
プロフィール
HN:
あっちゃ
性別:
男性
カウンター
最新コメント
[07/10 渡辺@北海道]
[05/22 渡辺@北海道]
[06/07 すわっち]
[06/07 魔術師コロサイ]
[05/26 kennel]
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]